« 上手に息抜き | トップページ | レオくんのお誕生日 »

2010年6月 4日 (金)

ご報告

去る5月24日、私の父が永眠しました。

皆さんには心温まる書き込みやメールをたくさん頂きまして、本当にありがとうございました。すごく励まされました。

先日、無事葬儀も終わりました。今、私たち家族は、名義変更手続きなどに追われ慌しい毎日を送っています。

父が入院して1ヶ月余り・・・いつも元気で逞しく、グチや文句など決して言わなかった強い父・・・私たち家族はみんな父に頼りっきりで甘えてばかりいたんです。それが病気が進行していくにつれ、両手が不自由になったり寝返りを打てなくなったりして、父が私たちに頼って甘えてくれるようになりました。お箸もスプーンも自分では持てなくなってしまったので、食事を食べさせてあげたり、痛む背中をさすったり手を握ったり・・・私たち家族みんなで精一杯の看病をしました。

亡くなる前の数日間は父本人も苦しそうでしたが、最期は眠るように穏やかに天国へと旅立ったのです。本当に優しいいい顔をしていました。

葬儀は父の遺言どおり、家族葬にしました。親戚と近所の方々、両親の友達のみの参列の小さな式でした。皆さん口々に「すごく素敵なお式でした」と褒めていただけました。心温まるような式ができて、私たちもとても嬉しかったです。父もきっと喜んでくれたことと思います。

父がいない・・・ということに正直まだ実感がわかないし、もちろん寂しいという気持ちはあるのですが、私のできることを精一杯やったので、後悔というものが不思議と全くないんです。

お父さん、もう痛くないね。良かったね。やっと楽になれたね。今まで私たち家族を愛してくれてどうもありがとう!来世生まれ変わっても、またお父さんの子になりたいくらい大好きです。将来、私がこの世の修行を終えて天に召される時には、必ず迎えに来てね!!こんな気持ちでいっぱいです。

もう少ししたら、長期間お休みを頂いてた仕事を再開しようと思ってます。まだまだ手続きも残っているし四十九日もまだなので、落ち着かない日々は続きそうです。

落ち着いたらまた、楽しいブログ(レオcatをずっとほったらかしにしてたもんねsweat01ごめんねcrying)を書き綴っていきますので、皆さん、これからもどうぞよろしくお願いしますhappy01

|

« 上手に息抜き | トップページ | レオくんのお誕生日 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分自身がこの世を去るまで、親孝行はしていける...
朝の「おはよう」「行ってきます」夜の「ただいま」「おやすみ」...

私は365日、亡き父の写真に向かい家族の健康、親友の幸せ...お願い...語り掛けています。

お墓参りは勿論大切だけど、毎日語り掛ける事が若い時にしてあげられなかった分の親孝行だと思ってるんです。
週末だけだけど、自分の手でお猪口一杯のお水をお供えしてます。

お父様は幸せ一杯で過ごされたご家族の皆様を、これからもしっかり守っていてくださります。

これからもご両親に、沢山の親孝行をしていっていあげてください。

合掌

投稿: 猿面冠者 | 2010年6月 5日 (土) 02時28分

猿面冠者さん、メッセージをありがとうございます。

お父様への365日の語りかけ・・・なかなかできることではないと思います。お父様も喜んでくださってることでしょう。

そして、家族の健康だけでなく、親友の幸せまでお祈りしている猿面冠者さんは本当に素敵だと思います。お人柄が滲み出ていますね!

残された私たち家族が元気に楽しく笑顔で暮らしていくことが、父への一番の親孝行だと思っています。

私もそろそろ仕事を再開しようと思っています。

猿面冠者さん、これからもぜひブログを覗きに来てくださいね。

投稿: レオねね | 2010年6月 6日 (日) 13時07分

急でしたね。
沖縄旅行、お父様にとってはもちろんのこと、皆さんにとって貴重な思い出ができてよかったですね。

投稿: LAUS | 2010年6月 8日 (火) 00時07分

LAUSさん、ありがとうございます。

最高の思い出となった沖縄旅行・・・行けて本当に良かったです。

投稿: レオねね | 2010年6月10日 (木) 17時56分

レオねねちゃん。
報せをきいたときはほんとに驚きました。

レオねねちゃんやご家族の気持ちを想うと私もとても悲しくつらかったです。

人生ってほんといろいろあるよね。

これからも仲良くしてね。

また一緒に笑ったり泣いたり、楽しく過ごそうね。

投稿: みみん | 2010年6月11日 (金) 22時32分

お父様の訃報に触れて思わず息を飲んでしまいました。

家族皆に囲まれてきっとお父様は安心して旅立たれたことでしょう。きっとそうだと思います。

つい私も父の闘病生活や看病したこと、そして亡くなる前のことや亡くなってからのことなど思いだして、なかなかコメントかけませんでした。

思いだしては泣いてを繰り返してきたけど、ネネちゃんも我慢しないでね。

たくさん泣いて、そしてそのたびに強くなれるから。
お父様もそんな涙をだめだとは言わないよ。

今度ゆっくりお父様との思い出の話を聞かせてください。
それも一つの供養だと言いますし、ネネちゃんのような素敵な娘を育ててくれたお父様のお話を聞きたいです。

投稿: pua honey | 2010年6月12日 (土) 18時35分

みみんちゃん、私の事をいつも気にかけてくれて、いつも温かいメールをくれて、本当に励まされたよ!どうもありがとう。

みみんちゃんとお友達でいられることは、とても素晴らしい宝物です。

こちらこそ、これからも仲良くしてね!

投稿: レオねね | 2010年6月13日 (日) 16時23分

Puaちゃん、お父様のことを思い出させてしまってごめんなさいね。コメント本当にどうもありがとう!

そうなのよね。悲しむときにはしっかり悲しむことって、すごく大事なことよね。精一杯の看病ができたから後悔はないのだけれど、父の笑顔を見たい、声を聞きたいって気持ちは決してなくなることはないものね。

落ち着いたらぜひPuaちゃんに会いたいです。
たくさんお話ししましょうね!

投稿: レオねね | 2010年6月13日 (日) 16時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上手に息抜き | トップページ | レオくんのお誕生日 »