« からし焼き | トップページ | 震災その時、東京で・・・② »

2011年3月19日 (土)

震災その時、東京で・・・①

3月11日に起きた東日本巨大地震から一週間が過ぎました。
あまりのショックにブログを書く事も出来ずにいました。
私の住んでいるこの東京でも、地震直後から少しは落ち着いたとはいえ未だ混乱は続いています。
被災地の方々の心情を思えば、私ごときが知ったふうなことをブログに書くべきではないのかもしれません。でも、あえて被災地から離れている東京で実際に体験した出来事や想いをこれから書いてみようと思います。私のブログをいつも読んでくれている関西や九州、そしてアメリカの友人たちへメッセージが届きますように・・・

あの日、私はいつものように会社で仕事をしていて、もうじき3時だからお茶でも入れて休憩しようかな〜と思っていた矢先の激しい揺れでした。これは今までの地震とは違う・・・そう直感した瞬間「怖い怖い!」と繰り返し叫び、その場でへなへなと座り込んでしまいました。ようやく揺れが収まってまず心配したのは、旦那とレオのこと。実は旦那、2月下旬に足を骨折して入院し、やっと退院して自宅療養の最中でした。我が家はマンションの13階で、建物の構造上とても激しく揺れます。やっと松葉杖で歩く練習を始めたばかりで、思うように歩けない旦那に怪我はなかったか、レオは無事か、携帯でいくら呼び出しても全く通じず。他の社員の人たちも家族に電話しても全く通じず。不安ばかりよぎります。電話をかけている間もたびたび激しい余震が襲ってきます。電話が通じないなら・・・とメールを送ってみます。でも受信メールはかえってこない。しつこく何回も新着メール問い合わせを押して、やっと旦那からメールが届きました。「お皿が割れた。レオは無事です」

身の安全のためしばらく会社にいて、余震と余震の間隔が多少長くなった頃、私は自転車で自宅へ向かいました。道路はたくさんの車と人ですごかったです。みんなそれぞれ自宅へ向かっているのでしょう。会社の社員証を首から下げた人たちが、グループで続々と歩いて行きます。地震で電車が止まってしまったので、歩いて帰宅する人たちです。保育園や小学校へ、母親たちが子供たちを迎えに行ったのでしょう。防災ずきんを被った子供の手を引いている姿にも遭遇しました。これらの光景は決して訓練なんかじゃなく、現実なんだ・・・そう感じてすごく怖くなりました。

自宅マンションに到着したけど、もちろんエレベーターは停止しています。すぐさま13階の我が家まで階段を上ります。とにかく旦那とレオが心配でした。心臓バクバクのままドアを開けると、お酒としょうゆの匂いが部屋中に充満・・・食器棚に飾ってあった泡盛が割れ、キッチンのおしょうゆ入れが倒れてこぼれた匂いでした。

旦那はまだ右足を動かせないのに、割れたお皿の始末やお酒で濡れた床を拭いてくれてて、レオは旦那の後ろで丸く縮こまりすごく怯えていました。二人とも無事で本当に良かった!!なかなか連絡が取れなくて心配した実家の母と妹と甥っ子、そして旦那の父と義妹夫婦の無事も、夜になってやっと確認してホッ。でもその間も何度も余震はやってきます。そのたびにレオが怯え、クローゼットの中に駆け込み、呼んでも出てこようとしないのです。聞いた事もないような鳴き声を出し、ご飯もお水も全く受け付けようとしません。私たち人間・・・しかも大人でさえこんなに恐怖です。ましてや何が起こったのか理解できない、言葉で説明してあげることもできないネコにとっての恐怖はどんなに大きいかを思うと、かわいそうで不憫でたまらなかった。

ずっとテレビを見ていて、事の重大さがひしひしと伝わってきます。宮城に住む92歳のおばあちゃんは無事だろうか。岩手にいるおじちゃんは無事だろうか。でも今は、どうやっても連絡を取る手だてはありません。他にも、都会で大勢の帰宅困難者の映像が映ります。私の会社の人たちは無事に帰り着けるだろうか・・・歩いて帰るなんて何時間かかるんだろうか・・・私は自転車だったから大丈夫だったけれど、職場の仲間のことも心配です。

強い地震でガスも止まってしまい、リセットボタンを押さないと復旧しません。でも余震が恐くてシャワーさえ入る気がしないので、今晩はこのまま眠ることにしました。「オレがテレビつけっぱなしでソファーに寝るから、ベッドで休みな。何かあったら起こすから」旦那がそう言ってくれたのでベッドに横になったけど、たびたび起こる余震と携帯の地震警報の着信音でほとんど眠れませんでした。

この後の話も書いていきたいと思います。このブログを書いている最中も余震があって中断したりして、なかなか進まないかもしれませんが、これから少しずつ更新していきます。どうぞ読んでくださいね。

|

« からし焼き | トップページ | 震災その時、東京で・・・② »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« からし焼き | トップページ | 震災その時、東京で・・・② »