« 銀座をブラブラ〜思い出のランチ〜 | トップページ | 真っ白な雪の中で »

2012年2月 4日 (土)

大往生で天寿を全うしたおばあちゃん

私のおばあちゃんが、亡くなりました。94歳でした。

おばあちゃんは若い頃から、病気や入院はおろか、寝込んだことも全くなく、薬も飲んだことがなかったそうです。
94歳の今の今まで、食事作りや掃除などの家事、畑仕事もこなすほどの働き者でした。

それが、最近になって転んで足を痛めたのが原因で、少々自信をなくしてしまったようでした。

私の母と叔父さんが、宮城県に住んでいるおばあちゃんのところへ様子を見に行ったところ、足は引きずるもののとても元気だということで、私たちも安心していたんです。

それが、先日の朝、「ご飯出来たよ〜」と、私の母がおばあちゃんの寝室へ起こしにいったところ、眠ったまま息を引き取っていたそうです。

亡くなる3日前には、おばあちゃんが自分の実家(車で30分ほどの距離)へ行きたがり、タクシーで連れて行ったところ、喜んで喜んで「まだ帰らないっ」とだだをこねたという話しを聞きました。

そして、亡くなる前夜の夕飯は、母の作ったお鍋を「美味しい美味しい」とたくさん食べたそうです。叔父さんが「もういい加減止めろ」とたしなめるくらいに食べたそうです。おばあちゃんにとって、それが最期の食事になりました。

最期の食事が母の手作りのお鍋だったこと・・・そして美味しく食べてくれたことを聞いて、私は、本当に本当に良かったなって思いました。

私のおばあちゃんは、いつもニコニコ笑顔で、孫の私たちがどんないたずらをしたりワガママを言っても、優しく包み込んでくれて、疲れた顔や不機嫌そうな顔は一度も見たことがないんです。とってもとっても素敵な人shine

お通夜、告別式に参列するため、私たちも大雪の降る宮城へと向かい、おばあちゃんを見送ってきました。

お葬式に集まってくださった皆さんが、「最期、苦しまないで良かったね」「大往生だね。すごいよ」と口々におっしゃってくださいました。

おじいちゃんが先立ってから12年・・・おばあちゃん、1人ですごく頑張ってたもんね。ゆっくり休んでください。

これからは、お空の上から私たちのことを見守っててね。

私たちは、おばあちゃんのことが大好きです。

どうもありがとう、おばあちゃんheart

Ca3g0461

|

« 銀座をブラブラ〜思い出のランチ〜 | トップページ | 真っ白な雪の中で »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

おばあ様、本当に大往生でしたね。
レオねねさんの文章からも、本当に優しくて暖かくて、笑顔いっぱいのおばあさまだった事が感じられました。

寂しいことですが、こうやって笑顔で楽しい時間を過ごされたということが、残された者たちからしたら
とてもとても嬉しいことですよね。

お母様は、娘さんになるのでしょうか。
だとしたら、娘が出した御飯が最後の食事というのは
こんな嬉しいことはないと思います。
本当に、とってもとっても美味しくて、
そしてとても楽しい時間だったのではないでしょうか。

私も、そんな最後を送りたい・・・と、
そんな風に強く思わされた、素敵なおばあ様のエピソードでした。

きっと、お見送りに来て下さった方たちも
こんな最後が良いなと思われたんじゃないかな。
とても幸せな事ですもの。

最後のお写真が本当に美しくて・・・。
とても寂しいことですが、レオねねさんが
『おばあちゃん、お疲れ様。どうもありがとう。
そして、最後の時間が楽しくてよかったね』・・・と
そんな気持ちをお持ちになって撮られたんじゃないかなと感じられるぐらい、
とても優しい素敵なお写真です。


投稿: nyancousagi | 2012年2月 4日 (土) 22時50分

nyancousagiさん、こんばんは。

とってもとっても温かいメッセージを読んで、めちゃくちゃ感激しています。

nyancousagiさんが書いてくださったこと全てが、全部私の気持ちなんです。私の言いたかったことなんです。

もぉ〜っっ!!どうしてnyancousagiさんはそんなに優しいの?嬉しくて涙が出ちゃうcrying

そうなんです。娘である私の母の作った食事なんですよ。娘と息子と一緒にお鍋を囲んだおばあちゃん・・・昔、家族みんなで一緒に暮らしてた頃を思い出してたんじゃないかしら。

お葬式に来てくれた人が「おばあちゃん、今まで頑張ってたから、幸せな最期はきっと神様のプレゼントだね」って言ってました。私もすごくそう思うし、nyancousagiさんが感じてくださったのと同じく、私もこんな最期を迎えたいな〜ってしみじみ思いました。

写真を褒めていただき、嬉しいです。ありがとうございます。

一緒にいた妹がね、教えてくれたんです。「見て!!ちょうど夕日が沈むよ。すっごくキレイ」って・・・妹と甥っ子と3人で見た風景です。

きっと、おばあちゃんからのプレゼントだと思いますconfident

nyancousagiさん、たくさんの優しくて温かな気持ち・・・本当にありがとうございます。私、しっかり受け取りました!!


投稿: レオねね | 2012年2月 5日 (日) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀座をブラブラ〜思い出のランチ〜 | トップページ | 真っ白な雪の中で »