« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

ごろ〜んとしながらも・・・

ごろ〜んと寝転がって、ウダウダ・・・

あ、言っときますが、私じゃないですよ。レオcatのことですからね(笑)

Img_0096

それでも・・・

Img_0098

足元には、しっかりとお気に入りのネズミのおもちゃ・・・

私が忙しくて構ってあげられない時には、いつもこうやって触れているんです。

触れてると安心するのかなぁ〜cat

| | コメント (4)

2012年8月29日 (水)

目に眩しい、ホワイトの15オンスボウル

久々に(・・・ですよね?smile)、ファイヤーキングの話題ですheart04

今回、我が家に仲間入りしたのはこちら・・・RWシリーズの「15オンスボウル」です。

Img_7191 ☆サイズは、直径14センチ×高さ5.5センチ。刻印は、OVEN Fire-King WARE MADE IN U.S.A。製造年代は、1950年代中期〜1960年代初頭。

RWシリーズのホワイトはレアで、かなりのお値段sweat01。本当はペアで揃えたかったけど、今回はひとつだけ購入しましたwink

かなり似ている形の「チリボウル」と比べてみます。

Img_7233 ☆ひとまわりほど、15オンスボウルの方が大きいですね〜


Img_7220 ☆厚さも、15オンスボウルのほうがありますね〜


Img_7223 ☆なんといっても、大きな違いはぷっくりとふくらんだ縁の形でしょうか?もぉ〜っっ!!こうやって見ても、両方めっちゃ可愛いなぁ
lovely

Img_7214_2

このボウルにスープなんか入れたら、めちゃくちゃ映えると思います。眩しいほどの明るいホワイトだから、どんな食材の色も引き立ててくれることでしょうshine。今はまだ残暑sunが厳しいからスープを作る気は失せてるけど、もう少し涼しくなったら、色とりどりのお野菜をたっぷり入れたスープ・・・ぜひ作りたいな(どう頑張っても1人分しか盛れないけど(笑))

本当にうっとりしちゃうくらいの、美しい白いボウル・・・良いご縁があったら、またもう1つ揃えたいですhappy01

Img_7236

今回こちらのボウルは「Avocado Home Cafe」さんで購入しました。使用感が全くといって良いほどない、ピカピカのコンディションです♪



 

| | コメント (2)

2012年8月26日 (日)

この夏休み、再び箱根へ〜出来映えと試食〜

体験で作ったちくわは、スタッフさんがすぐにその場で焼いてくれるので、待ち時間は10分ほどだそうです。

せっかくなら焼きたてを食べたいねってことで、館内で待つことにしましたhappy01

Img_7527 ☆へぇ〜っっ!!こうやって焼くんだぁ〜。香ばしそうな焦げ目が美味しそうlovely

さぁ!!焼き上がったちくわを受け取ります。自分の番号を間違えないようにしないとね〜

私のちくわは・・・

Img_7528 ☆なんか、やけに太っちょさんですね(笑)

甥っ子のは・・・

Img_7529
☆甥っ子の方が、ちくわらしい形ですなぁ〜smile

受け取ったらすぐさまアツアツを頬張ります。焼きたてのちくわを丸ごと1本食べられる経験なんて、めったにありませんもの!!しかも自分の作ったものの味は、また格別だもんねshine。普段は食の細い甥っ子も、ペロリと1本たいらげちゃいましたscissors

そして、かまぼこ・・・こちらはお家でゆっくり頂くつもりでお持ち帰りhouse

じゃ〜ん!!

Img_0159 ☆うわっっ・・・見た目からしてきめが粗く、ワイルドな感じshock

切ってみて、プロとの差は一目瞭然!!

Img_0160 ☆私の方には、穴がたくさん空いてますねsweat01。コレは空気が入っちゃったってことらしい・・・練りも全然足らないよね〜sweat02。ダメダメのかまぼこの見本です(笑)

でもね、本当に美味しく感じましたshine。手作りってやっぱり楽しいですね〜happy02。大切に大切に頂きましたよ。

かまぼこを受け取った後は、もう帰る時間です。行きと同じく、小田急ロマンスカーに乗って帰ります。

今回の旅行も、とっても楽しかったです。プールやお散歩、かまぼこ&ちくわ作り体験などなど、盛りだくさんだったなぁ〜

甥っ子の弾ける笑顔をたくさん見れたことが、本当に嬉しかったheart04。子供ってすぐに大きくなっちゃうけど、まだまだレオねねにとっての可愛い可愛い甥っ子でいて欲しいですconfident

私たちの箱根旅行におつき合いいただき、皆さん、どうもありがとうございましたhappy01。まだまだ残暑が厳しいので、どうぞお身体に気をつけて、残り少ない夏を楽しくお過ごしくださいねsun

| | コメント (6)

2012年8月24日 (金)

この夏休み、再び箱根へ〜かまぼこ・ちくわ作り体験〜

スタッフさんから説明や注意事項を聞いた後、かまぼこ職人さんが作り方のお手本を見せてくれます。

さぁ!!ではでは、いよいよ体験開始happy01

Img_7516 ☆まず、かまぼこ板の裏に自分の名前と整理番号を書き、そして、ちくわの棒にも番号を書きます。これなら自分のと人のを間違えることなく、ちゃんと見分けがつきますねwink

上の写真のアイスクリームみたいな2つの塊が、かまぼこの材料です。

Img_7517 ☆これを包丁で、よぉ〜く叩いてなめらかにします。


Img_7518 ☆充分なめらかになったら、薄くまんべんなく、板一面に塗り付けます。


Img_7520 ☆いやはや・・・かまぼこの形をつくるのが、思いのほか難しくて
sweat01・・・これは私のですが、恐ろしく形がいびつだぁ〜weep 

この後、ちくわも作ります。ちくわとかまぼこ・・・形も食感も違うのに、材料は同じだそうです。へぇ〜知らなかった!!お勉強になるなぁ〜flair

Img_7521 ☆いやはや・・・こちらも激しくべちゃべちゃですなぁ〜(笑)

この後、かまぼこは蒸してから冷やすため、出来上がりまで40分ほどの待ち時間があります。ちくわも、これから焼き上げです。

たっぷりと待ち時間があるので、お昼を食べに行きましょうかrestaurant。お土産も買わなきゃねっwink

わぁ〜出来上がるのが、とっても楽しみだなheart02

| | コメント (2)

2012年8月23日 (木)

この夏休み、再び箱根へ〜鈴廣かまぼこ博物館〜

甥っ子がずっと前から行きたがってた場所へは、箱根登山電車に乗って行きますtrain

Img_7497 ☆真っ赤なボディーが素敵♪

「箱根湯本」駅から2つ目の「風祭」という駅で降ります。

Img_7504 ☆「風祭」という名前もすごく風情があるし、駅も小ちゃくて可愛いなheart04

訪れたかった場所とは、「鈴廣かまぼこ博物館」・・・こちらでは、かまぼこやちくわ作りの体験教室があるんですhappy01。ちょうど2年前の箱根旅行の際にぜひとも体験したかったのですが、その日は予約でいっぱいで断念sweat02。ぜひとも今回はリベンジしなきゃということで、妹が早い時期から予約してくれましたtelephone

かまぼこ作りを経験できるのはめったにないということで、甥っ子だけではなく、私たち大人も全員参加scissors。大人のほうがワクワクしてたりして・・・(笑)

Img_7510
☆教えていただく調理場はこんな感じ。当たり前ですが、手入れが行き届いててとっても清潔ですshine

Img_7515 ☆紙エプロンをして、頭にもキャップをかぶり・・・お手手もキレイに洗って準備しますwink

さぁ!!おいしいカマボコを作るぞぉぉぉhappy02

続く・・・

 

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

この夏休み、再び箱根へ〜お庭を散策〜

プール疲れで(笑)、ぐっすりとよく眠りsleepy、そして朝・・・眩しいくらいのいいお天気sun。今日も暑くなりそうだなぁ〜

私たちの泊まった「箱根ホテル小涌園」は、お庭がとっても広いんですclover。小さな川や池などもあり、様々な植物や虫やカエルなどなど、たくさんの生物が棲息してて・・・自然がいっぱい!!

朝食バイキングcafeをたっぷり食べた後は、敷地内のお庭を散策します。

Img_7487
☆もう7月下旬なのに、まだアジサイがキレイに咲いています。やはり標高が高いから、いくぶん涼しいのかしら?

Img_7481 ☆母が、こんなのを作ってくれました♪笹舟・・・懐かし〜い!!

Img_7485 ☆ちゃんと、四人分あります。ってことは・・・

Img_7479 ☆小川に笹舟を浮かべて、みんなで競争だぁ〜!!


ゆったりとした時間が流れていて、本当に楽しいひと時でしたshine。大人になると、こんなふうに自然と触れ合って遊ぶことがほとんどないもん。甥っ子のおかげで、私も貴重な体験をさせてもらいましたhappy01。甥っ子・・・どうもありがとうheart

さぁ、そろそろチェックアウトの時間です。プールもあるし、バイキングも美味しいし、こんなに広いお庭もあるし・・・「箱根ホテル小涌園」はとてもいいホテルでした機会があれば、ぜひまた訪れたいなぁ〜wink

いよいよこの後、甥っ子が楽しみにしていたある場所へと向かいます!!

Img_7492 ☆おばバカで、ど〜もすいません(笑)。めっちゃ可愛い私の自慢の甥っ子ですheart04



| | コメント (4)

2012年8月18日 (土)

この夏休み、再び箱根へ〜夕飯と食後のお散歩〜

久しぶりにたくさん泳いで、疲れもピーク・・・めっちゃ眠くなったレオねねです(笑)。それに比べて、まだまだパワーが有り余ってる甥っ子・・・あぁ〜若いって素晴らしいわshine

夕飯は、ホテル内のレストランでバイキングですrestaurant。シェフの方が、目の前でステーキをジュージュー焼いてくれたり、ローストポークを切り分けてくれてくれたり、めっちゃ美味しそうでワクワクしちゃうheart02

Img_7440
☆ステーキ(写真手前)ももちろん美味しかったのですが、イチ押しはローストポーク(写真後ろ)・・・とっても柔らかくて口の中でホロホロ♪甥っ子も大のお気に入りとなりましたheart04

他にも、目移りしちゃうほど魅力的なお料理がたくさん!!

Img_7439 ☆意外にも、ワインに合いそうなお料理がたくさんありましたwine。大人も大満足できるバイキングだと思いますwink

ゆっくり食事を楽しんでる私たちを横目で見ながら、また飽き出してきた甥っ子。おいおい〜君はさっさと食べ終わったからいいけどさぁ・・・あ〜あ、たいくつぅ〜sweat02DS持ってくれば良かったぁ〜poutなどとブーブー言ってましたdash

これ以上落ち着いて食べることができそうもないのでcoldsweats01、食後のお散歩にでも行きましょうか。

このホテルは広い敷地に建てられているので、お庭もとっても広いんです。

Img_7446 ☆ん?なぁになぁに?面白いもの見つけたかな〜

Img_7464 ☆あ・・・お月様見ぃ〜つけた♪

Img_7465 ☆わぁ♪夕焼けキレイ・・・明日もきっと晴れるねっhappy01

明日も、甥っ子がすごく楽しみにしている場所へ行く予定です。

では、お休みなさ〜いsleepy

| | コメント (2)

2012年8月17日 (金)

この夏休み、再び箱根へ〜箱根小涌園ユネッサン〜

甥っ子がめちゃくちゃ行きたかった場所・・・それはホテルのすぐ近くにある「箱根小涌園ユネッサン」ですhappy01

Img_7432

たくさんの種類のプールや、水着のまま入れるスパがあって・・・子供ならだれでも大喜び間違いなし!!私レオねねは、水着姿には全く自信がないのですが(笑)、ここはひとつ可愛い甥っ子のために一肌脱ぎましょうsmile

中に入ると・・・

Img_0136

ぎゃぁぁぁ〜っっsign03すっごい人、人、人なんですけどぉぉぉぉshock(この写真ではそれほどでもなく見えるかもしれませんが、本当にすごかったんですsweat01)

これは泳ぐというより、水(しかも水温めちゃ高く、温泉のよう)に浸かっていると表現したほうがピッタリ(笑)・・・おそらく、夏休みに入ってすぐということもあるし、外は恐ろしいほどの炎天下sunなので、室内プールに集中したのでしょうね〜

期間限定の「ガリガリくんソーダ風呂」も大人気で、入る隙間もないくらいでしたが、おばバカの私は甥っ子を楽しませてあげたくて「ほらっっ!!ここ空いてる!!おいで〜」と誘導しますcoldsweats01。あまりの混雑ぶりに躊躇してる甥っ子を、半ば強引にね(笑)

Img_0144 ☆育ち盛りはお腹が空きます〜♪

今度は外のプールへ行ってみることにします。焼け付くような暑さsunなので、さすがに人は少なめです。

人気のウォータースライダーも、さほど並ばなくても大丈夫そう・・・

Img_0137

なので、甥っ子と一緒にウォータースライダーを楽しむことにしました。3コースあって、初級中級上級に分かれています。カーブの角度や多さによってスピードが変わるそうで・・・はい。もちろんレオねねも、全コース滑りましたよ〜(笑)。勢い良く着水して頭から水をかぶり、化粧なんてほとんど落ちちゃったけどshock・・・可愛い甥っ子のためなら、レオねねはなんでもやりますheart04

この後、水着を着たまま入れるスパにも行ったのですが、やはりすごい人で混んでいたので、そろそろホテルに戻ることにしました。昔だったら「ヤダ!!まだ帰らないっっdash。まだ遊ぶっっweep」と、ダダをこねていただろう甥っ子も、大人になったものです・・・ってか、人混みは苦手なとこや、自然の中にいるほうが落ち着くとこなど、元々やけに親父クサい性格の奴なんですがね〜coldsweats01

ホテルまで歩いて帰ったのですが、その際、なんとホテルにも屋外プールがあることを発見flair。みんな目の前のユネッサンに行っているのでしょう。かなりガラガラです。

ということで、部屋へ戻ってすぐさま、今度はホテルのプールで泳ぎました。ただの長方形のさほど大きくないプールですが、水が程よく冷たくて、のんびりゆったり思いきり楽しむことができました。甥っ子も、超ご機嫌のニッコニコ顔heart02。良かったぁ〜happy02

この後は、お待ちかねの夕飯で〜すup

| | コメント (4)

2012年8月15日 (水)

この夏休み、再び箱根へ〜駅前でランチ〜

夏休みが始まってすぐの7月27日(金)〜28日(土)、一泊二日の箱根旅行です。

いつもと同じく、私は新宿駅から、甥っ子たちは町田駅から小田急ロマンスカーに乗ります。ニコニコ満面の笑顔で近づいてくる甥っ子・・・ん?また背が伸びたみたいshine

車内でおしゃべりしたりおやつ食べたりしてるうちに、あっという間に終点の「箱根湯本」に到着です。

いやはや・・・箱根もめっちゃ暑いですぅ〜sweat01。もぉ〜溶けちゃいそう(笑)

Img_7494

ホテルへ向かう前に、駅前でランチしましょうrestaurant

Img_7417 ☆妹が頼んだ「おにぎりセット」・・・盛りつけ方がとってもお勉強になります!!素敵♪

Img_7418 ☆これは私が頼んだおそば・・・暑い日でもツルツル食べれるさっぱりしたおそばは、何よりのご馳走ですねっheart04

ふふふ・・・でもね〜

Img_7419 ☆あまりにもさっぱりし過ぎて、お腹に余裕ありまくりだったので、デザートにクリームあんみつ食べちゃった(笑)

さぁ!!これで、心置きなくホテルに向かうことができますsmile

今回のホテルは「箱根ホテル小涌園」。箱根湯本駅前から路線バスbusに乗って、山道を登って行くこと約20分・・・

Img_7421 ☆わ〜い♪着いた着いた!!

Img_7422 ☆バス停の目の前がホテル・・・本当に便利だなぁ〜
happy02 

チェックインまでまだ時間があるので、フロントに荷物を預けます。

ではこれから、甥っ子がめちゃくちゃ楽しみにしていた場所にいってきまぁ〜すheart02

| | コメント (2)

2012年8月14日 (火)

この夏休み、再び箱根へ

先月末、甥っ子が夏休みに入ってすぐに、一泊二日で箱根旅行をしてきましたhappy01

メンバーは、甥っ子、妹、母、私と相変わらず(笑)

「また箱根?」と言われちゃいそうですが、神奈川に住んでいる母たちはもちろんのこと、都内に住んでいる私にとっても、アクセスが良く遊びどころ満載の箱根はめっちゃ魅力的なんですshine

いやはや・・・前回、春に行った箱根旅行はどしゃ降りrainに見舞われましたが、今回はお天気に恵まれ過ぎてsun暑かったのなんのってsweat01

たった一泊だったけど、とっても中身の濃い盛りだくさんの楽しい旅行でした。

またしばらくお付き合い頂けると嬉しいですwink

Img_7475

Img_7480

Img_7497

Img_7501

| | コメント (2)

2012年8月11日 (土)

どこでも一緒♪

私とレオcatは、いつでも一緒。どこでも一緒。

Img_0162 ☆左側に写ってるのは、パジャマ着た私の膝で〜すcoldsweats01

Img_0163 ☆なんだなんだ?そのお手手は・・・(笑)


Img_0183_2
☆右側に写っているのは、私の足で〜すfoot

当たり前のように、いつも私のそばにいてくれる存在・・・レオcat、だ〜い好きだよheart

Img_7380

お盆休みが始まりましたね。帰省される方もされない方も、お出かけされる方もされない方も・・・どなた様も、素敵な休暇をお過ごしくださいねhappy01

| | コメント (6)

2012年8月10日 (金)

初めてのゴーヤ料理

先日、旦那の伯母さまから、ゴーヤを頂きました。

実は、私も旦那も、ゴーヤは苦手sweat01。あの苦さがどうしてもダメなんですbearing。なので、我が家の食卓に上ることは今まで全くなく、以前、沖縄旅行へ行った際も、ゴーヤ料理は口にしなかったくらいでした。

「これ、ウチの畑に実ったゴーヤなのよ〜。苦いワタをスプーン使ってよぉく取り除けば、そんなに苦くないと思うけど・・・もちろん無理しないでね。キライだったら捨ててくれて構わないからねwink」と、伯母さま。

せっかくの頂き物・・・しかも、伯母さまの畑で作られたゴーヤと聞けば、とてもじゃないけど「嫌いなのでいりません」なんて言えるはずもなく、かといって、内緒で捨ててしまうのも申し訳ない。丁寧にお礼を言って、頂きました。

よし!!これを機にトライしてみるかhappy01

早速、ネットpcでゴーヤ料理を検索して、なるべく苦みがなさそうな初心者向けのレシピを探します(笑)。できるだけ薄切りにして塩揉みして下ごしらえをすると、苦みが和らぐと聞き、それも実行good

私が生まれて初めて作った、ゴーヤ料理がこちらです。

Img_0185 ☆下ごしらえしたゴーヤと、さっと茹でたキャベツ、それに明太子とマヨネーズで和えて、塩こしょうで味を整え出来上がり♪

マヨネーズとキャベツの甘味がゴーヤの苦みを和らげてくれて、明太子がアクセントとなり・・・意外なことにすごく美味しくて、口に合わずに残って捨ててしまうことを考えて、控えめの量を作ったのにもかかわらず、あっという間に完食shine。旦那にも好評でしたscissors

もちろん、ゴーヤの苦みは感じるんだけど・・・大丈夫かもしれない。ゴーヤ食べられるかもしれない。ゴーヤ、けっこう美味しいかもしれないup

少し自信をつけた私は、次の日にはこんな料理を作ってみました。

Img_0179 ☆なんとなんと「ゴーヤチャンプル」・・・今までの私では絶対にあり得なかったメニューです(笑)

これはレシピも見ず、適当に勘と目分量で作ってみました。ゴーヤと豆腐と卵を一緒に炒めて、塩こしょう、お酒、しょう油で味付け。マヨネーズで和えた料理に比べると、ゴーヤの苦みが際立っているんだけど・・・いやいや〜これも美味しく感じられたのですshine。苦みを美味しいと感じるようになったってことは、もう私たちも歳なのかなぁ(笑)

これでまたひとつ、苦手なモノをクリアすることができましたscissors。食べ物に限らず、苦手なこと、苦手な人がどんどん減っていくことが、たまらなく嬉しいと感じる今日この頃・・・これってすごく大切な気がしますconfident

ゴーヤを食べれるようになったきっかけをくださった伯母さん・・・どうもありがとうございますheart

| | コメント (4)

2012年8月 8日 (水)

これもご縁・・・バブルのシリアルボウル

今日の東京は、幾分涼しいような気がしますclover

さて、今日も(笑)ファイヤーキングの話題ですsmile

今まで数回利用させて頂いたショップさんのメルマガに、「アメリカに買い付けに行くので、リクエストがあればぜひおっしゃってください。必ず!!とはお約束はできませんが、探して参ります」と書いてありましたpc

実は、すごく欲しいファイヤーキングがあるんです。ネットでもいろいろ探しているのですが、なかなか見つからなくてsweat01

それは、先日の記事でもご紹介した、バブルシリーズのシリアルボウルなんです。おそうめんのつけ汁を入れたいんですhappy01・・・ベリーボウルだとちょっとサイズが小さいんですよね〜

なので、早速ショップさんにリクエスト。「バブル クリアガラスのシリアルボウルをペアで欲しいです!!どうしても欲しいので、ひとつだけでも構いません」とメールしました。

そしてしばらくして・・・「たったひとつだけですが、見つかりましたよ〜。コンディションもとても良いです。でももし、お値段に納得いかない場合は、ご購入されなくても全然オッケーですからねwink」と、ショップのオーナーさんからお返事が来たんですup

「わ〜いhappy02」と大喜びで添付されてきた写真を見ると・・・うっっ!!確かにバブルのシリアルボウルなんだけど、色がついてるっっsweat01。私としては、既に持っているベジタブルボウルと同じ、無色透明のクリアが欲しかったんだけど??しまったぁぁぁ〜「サファイアブルー」もクリアガラスと呼べるし・・・私の伝え方が言葉足らずだったぁ〜っっshock

あぁ・・・これはやはり、丁寧にお断りしようかしらbearing。サファイアブルーでも、せめてペアならデザートを盛るのに使えるんだけど、ひとつだけじゃなぁ〜。でも写真で見ると「未使用同然」と書いてあるのが頷けるほど、ピカピカしててとってもキレイshine。その割にはお値段も控えめでリーズナブル。何より、オーナーさんがわざわざ探して来てくれたモノ・・・「◯◯様、ありましたよぉ〜!!」と喜び勇んでメールをくださったオーナーさんですconfident

「うん。これもご縁だわ。きっと我が家に来る運命の子なんだろ〜な」ということで、無事に我が家へとお迎えしました。

それがこちら・・・

Img_7035

ほんとうにピカピカでコンディションがいいのですshine。とても昔のモノとは思えないほど・・・それにこのブルーの色が何とも言えないくらいの美しさで、今の季節にピッタリの涼やかさなんですよね〜

Img_7036 ☆「バブル サファイアブルーのシリアルボウル」・・・サイズは直径13.5センチ×高さ4.5センチ。このシリーズには刻印がないため、製造年代は不明。

お迎えする前はウジウジ悩んでいたくせに、いざ「我が子」となると可愛くて仕方ないheart04のは、どの親も一緒一緒(笑)

おそうめんの時には、旦那にこのボウルを使ってもらって、私は手持ちのノーブランドのガラス器を使っています。別にお客様にお出しするわけではないので、ちぐはぐでも構わないですよねっ?wink

おやつを盛ってみたり、フルーツを入れてみたり・・・今が旬のこの涼しげなシリアルボウルを、どんどん愛用していきたいなheart

Img_7039 ☆頂き物の、美味し〜いコーヒーゼリーを盛ってみました♪

| | コメント (2)

2012年8月 6日 (月)

江戸庶民の味方・・・スタミナドリンク

ここ東京では、久しぶりに雨rainが降りました。でも明日から、また暑い日が続くとかsun

こう暑いと、どうも身体がだるくなりバテ気味になってしまいますよねsweat01。そんな夏バテに効果的な、スタミナドリンクがあるんですって!!

それがなんとビックリsign02

Img_7535

甘酒なんです。え〜〜っっ!!甘酒って冬snowに飲むものじゃないの?・・・って、私も最初は信じられなかったんです。でもね、冷た〜く冷やした甘酒は、江戸時代の夏の風物詩として庶民に親しまれていたんですってwink

麹で作った甘酒は、アルコール分がないので子供でも安心して飲めます。それに、甘酒にはアミノ酸などの栄養が豊富に含まれているため、夏バテ予防に効果的だそうですscissors。砂糖を加えてないのに自然の甘さがあってとっても美味しいし、飲むとなんだかモリモリ力がわいてくる感じshine

こんなに美味しくてその上スタミナがつくなんて、すっごく嬉しいですよね〜happy02

冷蔵庫で冷たく冷やして、氷も2、3個浮かべて・・・私もこの夏、飲んでま〜すnote

Img_7536

| | コメント (4)

2012年8月 5日 (日)

バブルのベジタブルボウルで、おそうめん♪

毎度おなじみのセリフですが・・・めっちゃ暑いですね〜wobblysweat01

今日は、見た目も涼やかな、ファイヤーキングのバブルシリーズ「ベジタブルボウル(ラージベリーボウルという名前の方が浸透しているかも)」のご紹介ですhappy01

Img_7366 ☆無色透明のクリアガラスなので、どんなお料理にも映える万能選手ですscissors。サイズは、直径21.5センチ×高さ7センチ。このシリーズには刻印がないので、製造年代は不明。

Img_7368 ☆裏側もとっても手が込んでいてキレイなんですよ♪

このバブルの魅力は、なんといっても光を反射してキラキラするところshine

こんな感じに・・・

Img_5833 ☆テーブルに映り込んだ模様が本当に美しくて、思わずウットリしちゃいますlovely

ベジタブルボウルと呼ばれるくらいなので、サラダとの相性は抜群!!お野菜の色をとっても美しく見せてくれますwink

Img_5834

でも、他にもっと盛りつけたいお料理があったんです。

それが、こちら・・・

Img_6984

まさしく今が旬(?)の、おそうめん・・・実は、このベジタブルボウルが、私にとっての初めてのファイヤーキングだったんですconfident。まさしく一目惚れ状態でした(笑)。アメリカ製なのに、なぜかとっても懐かしく感じたんです。

それは、私が小学生だった頃の思い出に繋がっています。昔は土曜日でも当然のように学校の授業があって、それでも半日でお家に帰れることや次の日のお休みのことを考えると、ワクワクした特別な土曜日・・・お家に帰ると、暑い季節sunにはおそうめんが用意されていました。

それを父と母、妹と私の四人で楽しく食べたことが、鮮明に思い出されますshine。その時のガラスの器はもちろんファイヤーキングではなかったけれど、これによく似た無色透明のポコポコした模様が付いていました。

そんな幸せな子ども時代を思い出すバブルのベジタブルボウルは、私にとってすごく大切なファーストファイヤーキングなのですheartImg_6978

☆薬味を入れている器(手前2つ)は、以前ご紹介した「バブル ベリーボウル」あぁ・・・もう2つほど欲しいわ(笑)

今回ご紹介したベジタブルボウルは「レッドバーン」さんで購入しました。楽天のポイントが貯まります♪

 

| | コメント (2)

2012年8月 3日 (金)

どこにいるかと思いきや・・・

レオcatの姿が見えず、捜していたある日のこと・・・

わわっ!!あんなところにっっsign02

Img_7259

ロフト部屋の本棚の上・・・ではなく、なんと、本棚の中に(笑)

ネコcatって本当に、居心地良さそうな場所を見つける天才ですね〜flair。にしても、こんな狭い所によくもまぁ〜coldsweats01

ところで皆さん、レオの横にある本bookのタイトルにご注目!!

カメラcameraを向けてた時は全く気がつかなかったけど、よく見ると・・・出来過ぎの偶然に笑っちゃったsmile

あ、言っておきますが、これは決してヤラセじゃないですからね(笑)

| | コメント (2)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »