« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月23日 (火)

お気に入りの箸置きと小さな器

あぁ・・・気がつけば、もう2月も下旬に突入してしまいましたsweat01。2月に入ってから、記事はまだ一つしか書いてなかったぁ〜っっshock。なんだかんだありますが、元気でやっていますhappy01

今日はとってもお久しぶりな、和食器カテゴリーです。

まずはこちらから・・・


1



こちらは、「ぎやまん」という器の三寸小鉢・・・直径約9センチのとっても可愛らしいサイズですwink
このカラーは「茄子紺」と呼ばれ、深い紺色がこれまた素敵なんですよっshine


1_3 ☆こんなふうに、ちょこっとしたものを盛るのにぴったりなのだheart04





1_5 ☆深い紺色が、どんな食材も引き立ててくれるの〜shine




1_4




本当に万能なこの小鉢・・・これ以外にもお醤油小皿としても使えちゃう、めっちゃ優秀な子なんですsmile(笑)




そしてお次は、もう毎日の食卓になくてはならない子となりました〜heart02。こちらです・・・



1_1 ☆この可愛い鳥さんは、なんでしょう〜heart04



・・・って、⬆️の写真にしっかり写ってますね〜〜coldsweats01(笑)。「白山陶器」の鳥さんの形をした箸置きですheart



1_2 ☆このなめらかで美しいカーブを見てくださぁ〜いlovely。背中の部分が少し青みがかっていて、本当にキレイshine





1_6 ☆この質素な食事は、私の一人ランチですぅ〜sweat01(笑)



真っ白でシンプルな形の箸置きなので、洋食器や北欧食器との相性も抜群な、なんとも頼もしい鳥さんheart02・・・買ってよかったなぁ〜って、心から思えるお気に入りさんですhappy02



1_7 ☆本当にお恥ずかしいほど、質素な一人ランチなんですけどっっcoldsweats01





| | コメント (2)

2016年2月 3日 (水)

私だけの大切なヴィンテージ

以前、実家へ帰った時に、ものすごいお宝を発見しちゃったsign03



それがこちら・・・



1_1


アラジンの赤いチェック柄の水筒heart04

実はこれ、実家に昔からあったものなんですっっlovely。ネット通販や骨董市で買ったものじゃありませ〜ん(笑)
まさかまだ実家にあるなんて思ってなかったから、本当にびっくりしましたsign03
何年か前の私なら、この水筒を見てもきっと「あら、懐かしいねぇ〜」くらいで、全然興味を示さなかったと思うし・・・こういうのって、本当にタイミングですよねっshineshine

この他にも、もっと小さなアラジンの赤チェック水筒を持っていたそうなのですが、大きくてたっぷり容量の入るサイズも欲しいheart04ってことで、この水筒を母がデパートかどこかで買ってきたらしいのです。
残念ながら、小さなアラジン水筒は実家にはもうありませんでしたsweat02



それでは、細かい部分をチェ〜〜ックgood





2_1 ☆おぉ〜っっ!!しっかりと Aladdinの文字がheart02





3_1 ☆水筒の底はこんな感じ・・・ランプのマークもついてますnote





そしてそして、すっごくびっくりしたのが・・・




5_1 ☆なんとなんと、日本語のシールが中蓋についてるっっflairえ??これって日本製なの??



次にもっとびっくりしたのが・・・(笑)




4_1 ☆水筒の本体下部に、こんなシールが貼られてましたぁ〜flair




早速、「日本アラジンインターナショナル(株)」で調べたのですが、もうこの会社はないのかな〜。全然情報を得ることができませんでしたweep(私は、こういうことを調べるのが相当下手くそなんですsweat01)


母も、どれくらい昔に買ったのかまでは覚えてないそうです。昔は今のように、ネットで買い物もできないしショッピングモールもなかったから、おしゃれで良い物は、デパートまで行って買うしかなかったんですよね〜confident


実家houseは建て替えもしているのに、母がちゃんとこの水筒を取っておいてくれたなんて、とっても嬉しいなheart02
こんな風に、自分たちの手で大切に取っておいてヴィンテージにするのって、すごく素敵だなぁ・・・って感じましたhappy01



もちろん、この子は私の家に連れてきましたよん(笑)母からしっかり譲り受けましたshineずっと大切にしていこうっとheart




6_1 ☆左側は、現行品のアラジン・・・白湯を入れて飲んでいますheart04







| | コメント (2)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »